»   地場産業製品を紹介しております。掲載ご希望がございましたらメールにてご連絡ください。     ブランドトマト桃太郎のご注文はこちらへ

徳島阿波池田の山奥、雨除け甘熟(完熟)トマト池田桃太郎




 作付け状況と生育状況です

ブランドトマト桃太郎
雨除け甘熟トマト山奥の池田桃太郎   市場卸しだけでしたが、ついにネット通販、産地直送です、

 7月〜10月発送。ご予約はメールにて受付中です。

ここは四国の中央あたり、野球の池田高校でおなじみの阿波池田町の山奥
20数年前この山奥で宿泊したとき、ここは寒くて夜は布団が必要でした。それが温暖化のせいなのでしょう、夏蒲団でも風邪をひくことはないようです。それでも気温の差が大きいためトマトの甘味を存分に引き出してくれます。この甘味は平野では出にくいように聞いています。ビニールハウスで作れば平野でも山奥でも一年中供給は可能でしょう、でも、自然栽培に近い自然の味をお届けする為、大変な作業ですが雨除けだけで育てています。それが雨除け甘熟トマト山奥の池田町桃太郎です。
桃太郎品種情報
これがオレのトマト
1.こだわり・・・・・・
2.・・うまい!!

トマト価格 
標準セット: 1箱(約20玉前後、4kgほど)  3,000円
小ぶりセット:1箱(約26玉前後位〜、約4kgほど)  3,000円
大ぶりセット:1箱(約15玉前後位〜、約4kgほど)  3,000円
訳ありセット:不ぞろいで・・ 1箱(約4kgほど)   1,500

トマト桃太郎を収穫してきたばかり、出荷準備中    高所から撮影、雨除けがきれいに並んでいます


ショップ店長より:私は体が弱く?若いときから(社会に出てから)胃腸が弱くなり胃薬は必需品でよく飲んでいました。上記の写真は20年ほど昔の写真です。20数年前から夏になるとトマトを冷やして食べるようになったせいか??いまでは胃薬は飲みません、もう何年も飲んでいません。夏バテならこのトマトをキュッと冷やしてお食べください。ひと夏中胃腸が調子いい・かもしれません・・。



標準:


小ぶりタイプ:


大ぶりタイプ:


不ぞろい訳ありタイプ:

     ブランドトマト桃太郎のご注文はこちらへ





Copyright c 2004, QCOM Limited. All rights reserved.

イメージ

弊社は高松市にある有限会社キューコムであり他の地域のキューコムというところとはまったく関係がありません。

ご意見などございましたら宜しくお願いします。



ニュース

2010年

Introduction

- 青空文庫
- 野球データ管理室
- ルービックキューブ


フルスクリーンモード対応