有限会社キューコム    ご注文はこちらへお越しください。この製品の取り扱いは終了いたしました。
本機は監視モードを備えた、通信モジュール搭載の生体赤外線監視装置です。介護・防犯に役立ちます。

一日一回、指定時間帯に携帯やパソコンへ「安心」メールを送信します。本機に搭載されているセンサーは音も光も出さず、生体の赤外線を感知する装置で、安全に見守ってくれます。 活用方法1

前回の検知から12時間センサーが検知しなければ「異常事態発生」のメールを送信。 生活者が普段の生活と異なり、センサーの感知が無い事をお知らせします。
※12時間は希望する時間に変更できます。
活用方法2

センサーを検知するごとに警報音を鳴らします。メールは、短い間隔で数回感知するごとに送信します。商店、工場、オフィス等のセキュリティーにはもちろん、一人暮らしの防犯として、帰宅時に監視スイッチをOFFにし、就寝時にONにする使いかたもおすすめです。 活用方法3

全てのモードで携帯電話やパソコンから本機に問い合わせができます。
センサーの検出回数を把握でき、生活者の行動や、お子様の帰宅状況を確認する際などに役立ちます。
活用方法4

全てのモードで機能の追加ができます。
センサーモードの検出領域内、領域外どちらでも使用でき、手元のボタンで緊急呼び出しボタンが押された事をお知らせします。
活用方法5

注意事項
本機はは、通信モジュールを内蔵しております。通知可能エリアはKDDI回線(au通信網)に準拠しておりますので、サービスご利用前に必ずau全国サービスエリアをご確認ください。
サービスエリア内であっても、宅内設置事情等によって電波が入りづらい場所がございます。
本サービスのご利用には別途月額サービス料が必要です。

システム概要



ご注文はこちらへお越しください。

仕様:本体
高さ:673mm
ベース版:150mm
重量:547g
入力電圧:DC6V
消費電力:1.2W~2.7W~4W
動作温度:-20°~+60°
本体価格:47500円(税別)、 通信月額サービス料金2800円(税別)

通信サービスエリア(au全国サービスエリア)

本体は、工場にて通知先メールアドレスを初期設定の後お送り致しますので、お申し込みから約7営業日ほどでお届けとなります。
商品の決済画面「お客様情報」の入力時に、本体からの通知先となる初期メールアドレスを最低1つ以上入力してください(最大10箇所まで送信することが出来ます)。通知先メールアドレスを初期設定後に追加および削除等の変更を行うには、所定のお申し込み用紙による郵送にて可能です。

月額利用料は銀行口座からの引き落とし処理を行わせていただく為、本体に同梱されている口座振替のお申し込み用紙をご記入の上事務局までご返送ください。口座確定後に本体の初期設定が自動的に行われますので、本体に電源を接続し、電波の入るエリア内に設置をお願い致します。

本体到着後は、速やかに設置の上、本体装置部の「状態表示ランプ」にて電波受信強度をご確認ください。
au通信網圏内にもかからず、電波受信が困難な場合は返品特約の対象となりますので、商品到着後8日間以内の返品をお受けすることが出来ます。ご返品の際は事務局までご連絡の上ご返送ください。
※ご返品の際の送料はお客様負担となります。

通知先メールアドレスの追加および削除を行う場合は、「メールアドレス登録申込書」をダウンロード・印刷の上、本体装置に記載されている、「製造番号」およびご購入者様の情報、印鑑等を忘れずに記入捺印の後、郵送、もしくはFAXにて事務局までお送りください。
「メールアドレス登録申し込み書」をダウンロードする

リサイクルについて
弊社では使用部品のリサイクルに積極的に取り組んでおります。本サービスのご利用終了時、本体を弊社までご返送いただければリサイクル費用として¥5,000を返金いたします。本体のご返送につきましては、あらかじめご連絡の上弊社まで着払いにてお送りください。

(株)鈍渡技研工業
代理店:有限会社キューコム
香川県高松市一宮町1169-20
TEL:087-886-9010


アンシーンからのお知らせ

① 介護保険適用製品になりました(TAISコード 01286-000001)
 ★地元の介護用品事業者さんのカタログに載ります。
   カタログに載れば、ある町が認知症者の徘徊防止に採用となり、他の町も前向きに導入の検討をする事となっています。
介護保険適用者・適用しない方にレンタルやリース販売をしていき、利用者の希望に沿った形式で納入することができます。
 ★介護保険の専門家が「アンシーンは介護保険にふさわしい製品」と称賛していただきました。

② 兵庫県福崎町で導入されました
 ★他の町と同じく緊急スイッチのみのシステムを現在も使用していますが、スイッチを押せずに亡くなり、永い間発見されない事例も多々あるので、本当の見守りにはなっていないと住民側に立った福祉をしようと数ある機器の研究の結果、日々の見守りが出来るアンシーンを選択していただきました。
 ★また、問い合わせ機能(ワンクリックで64台までのアンシーンからの検知回数の返信が来る機能)を使い、お昼にワンクリックする事で、朝目覚めて普段通りの生活をしているかを確認されています。
 ★上記の様に住民側に立った福祉をしようとしている福崎町をメディアが取材の申し入れをしています。

③ 民間ボランティアによる見守りにアンシーンが活躍
 ★北海道のある市で深刻な孤独死があり、住民である方が町内全体が高齢化しているので、さらに今後重大な問題となっていくことを心配されました。そこで何か良い見守りの最新機器はないかと検索の結果、「見守られている人が機器に働きかけなくても普段通りの生活をしている事が1日1回、指定時間内に検知回数を自動的にメールが届く日々の見守りが出来るアンシーン」を絶賛し選択していただきました。
 ★「もう二度と、この町で悲惨で悲しいお別れはしたくない」と行政ばかりに頼るのではなく、自分たちの元々あるコミュニティーとアンシーンを使い、市民レベルで動き出しています。

④ 優秀製品にノミネート
 ★KDDI様からの連絡で「モバイルを使用した優秀なKDDI製品の紹介本」MCPC award 2012にノミネートされました。

⑥ 高齢者住宅新聞社が取材に来ました
 ★3月12日、高齢者住宅新聞の記者が東京から取材に来ました。記事として記載されます。特に「集中管理ソフト」で管理で出来るのを関心して、見守り業者を紹介して頂ける様です。「集中管理ソフト」とは例えば公共機関、または見守り業者が午前8時にメールが来る様にしていて9時にパソコンを立ち上げれば検出回数の少ない方の順に上から並んでいる、0回から並んでいて装置の故障、または電源が入っていなければ赤文字で0回となるソフトで累積台数50台以上になると無償提供します。
 ★もう一つ関心されたのは「問い合わせ機能」でパンフレットでは働く親が子供の帰宅を職場から知る事が出来る機能と書いていますが福崎町は昼に問い合わせ(ワンクリックで64家)のアンシーンから検出回数の答えがパソコン、携帯に自動報告されるので朝、目覚めて普段通りの生活をおくっているかも確認しているのを職員から聞いて教えられた。(アンシーンの台数は無制限台数です)
 ★また、NHKからも取材の打診が有ります。